【時間とお金を大切に】育毛剤?それともAGAクリニック?効果を比較した結果は?

AGAクリニックと育毛剤を比較すると?

 

AGAクリニックと育毛剤

 

ハッキリ言ってあまり比較対象になるものではありませんが、ここではこのAGAクリニックと育毛剤そして発毛剤についてその特徴や違いについて書いていきます。

 

  • 育毛剤を使っている人も
  • AGAクリニックに通うか悩んでいる人も
  • 育毛剤と発毛剤の違いが良く分からない人も
  • 抜け毛が最近急激に増えて焦っている人も

 

是非参考にしてください!

育毛剤では発毛効果は期待できない

この記事を読もうとしているアナタは恐らく「薄毛の進行に困っている」のではないでしょうか!?

 

そんなアナタが育毛剤に期待することって何ですか?

 

  • 今ある毛を太く強くしたい
  • 抜け毛を減らしたい
  • 髪の毛を増やしたい

 

こんな感じですよね!?

 

私も育毛トニックを使ってたときはこんな風に考えてましたから、お気持ちはよ~くわかります。


 

上2つはひょっとしたら使い続けることである程度の効果はあるのかもしれません。
ただ、見出しで書いた通り、
育毛剤で髪の毛を生やす・増やすことはできません。

 

これ、知ってる人からしたら「そんなの当たり前」ですけど、知らずに使い続けてる人もかなり多いのだと思います。
(年間40億円以上売り上げる育毛剤があるのがその証拠なんでしょう・・・)

 

 

育毛剤では毛が生えないって本当?


毛を生やすことを目的に今現在育毛剤を一生懸命使っている人からしたらこんな話ショックですよね(汗)

 

でも、残念ながらこれは本当のお話。

 

下図はスカルプDを発売しているアンファーから引用したものです。

発毛剤と育毛剤の違い

引用:https://scalp-d.angfa-store.jp/column/difference/

 

ハッキリ書いてるでしょ?
他でもない育毛剤を発売している会社がそう言ってるんだから信憑性高いんじゃないでしょうか。

 

もし時間があれば、一度育毛剤の販売ページをじっくり読んでみてください。
写真や図を巧みに使っているので髪の毛が増えるような印象を持つかもしれませんが、どこにも「髪の毛が増える」「髪の毛が生える」ってことは書いてないと思います。
(もし書いてたらその会社はヤバイです・・・)

 

そもそも育毛剤とは?
ネットでお馴染みの商品たちですね。
チャップアップ、プランテルEX、イクオス、BUBKA ZERO、REDEN、フィンジア、スカルプD育毛トニック、ポリピュアEXなどなど。
「医薬部外品」って表記されていて、「厚生労働省が認可した有効成分が一定の濃度で配合されている」ものです。
(まあ、フィンジアに至っては医薬部外品ですら無い化粧品ですが・・・)
厚生労働省が認可した成分が入っていると聞くとなんとなく髪の毛が生えそうな気がするかもしれませんが、残念ながらそんなことはありません。
ちなみに、発毛剤は「医薬品」で「疾病の治療・予防を目的としたもの」です。

 

発毛を期待するなら最低でも発毛剤

先に書いた通り、育毛剤に発毛効果はありません。

 

じゃあ、発毛剤ならどうか?

 

発毛剤というと、リアップX5プラス(女性はリアップリジェンヌ)が有名ですが、最近では他にも香取慎吾と草なぎ剛でお馴染みのスカルプDメディカルミノキ5やサッカーの本田圭佑が広告塔になっているリグロEX5なんてのも薬局などで発売されていますね。

 

 

後発品なのに何故リアップと値段が変わらないのかは分かりませんが・・・


 

発毛剤と育毛剤は「どう違うの?」と思われるかもしれませんが、全然別物です。

 

決定的に違うのは、発毛剤は「第1類医薬品」であり、ミノキシジルが配合されている点。

 

ミノキシジルは日本皮膚科学会がガイドラインのなかでもAGA治療手段として強く推奨(Aランク)している成分なんです。
日本皮膚科学会AGAガイドライン

ちなみに上図の推奨度は
A.行うよう強く勧める
B.行うよう勧める
C1.行ってもよい
C2.行わないほうがよい
D.行うべきではない
こんな内容になっています。

 

このように、発毛剤が育毛剤よりも「毛を生やす」という点で期待できるのは間違いありません。
ただ、発毛剤を使っていれば必ず満足が行く結果が得られるのか?と言われるとそうとも限りません。

 

詳細は関連記事を見てもらいたいのですが、意外と十分な効果を実感できない人も多いんです。
関連記事:リアップX5プラスは2人に1人しか効果なし!?本当に薄毛を改善させたいならこれ!

 

この辺は発毛剤の限界なのでしょうね。

 

AGAクリニックではAGA治療用の内服薬が処方される

フィナステリドとミノキシジルタブレット

育毛剤では髪の毛は生えない

 

発毛剤でも十分な効果は実感できないかもしれない

 

では、AGAクリニックはどうか?

 

大きな特徴(育毛剤、発毛剤との違い)は、AGA治療用の薬が処方される点です。

  • フィナステリド(内服薬)
  • デュタステリド(内服薬)
  • ミノキシジル(外用薬)
  • ミノキシジル(内服薬)

他にも色んな治療法がありますが、基本となるのはこんなところでしょうか。

 

ざっくり言うと、フィナステリドは抜け毛を抑える効果が、ミノキシジルは髪の毛をつくる元になる毛母細胞に働きかけることで髪の毛を生やす効果があるとされます。

 

デュタステリドは、フィナステリドよりも抜け毛を抑える効果が高め、お値段もフィナステリドよりややお高い傾向が・・・。関連記事:【その話って事実?】フィナステリドとデュタステリドの本当の違いは?

 

ミノキシジルは外用薬(通称:塗りミノ)と内服薬(ミノキシジルタブレット→通称:ミノタブ)の2通りがあり、同じ成分ながら扱いはずいぶん違います。
というのも、ミノタブは強力な発毛効果がありAGA治療の切り札的な存在なんですけど、AGA治療薬として臨床試験が行われていないこともあり賛否両論のあるお薬。

 

ちなみに、塗りミノは発毛剤と同じようなものと考えてもらって良いと思います。
関連記事:【体験談付き】ミノキシジル外用(塗りミノ)と内服(ミノタブ)使うべきはどっち?

 

と、ここまで薬の簡単な説明をしましたが、肝心なのはこれらの薬を使用すると薄毛は改善するのか?ということですね。

 

この辺は、各AGAクリニックのホームページでも見てもらえば治療効果を表す症例写真がたくさん出てくるので、是非みてみてください。

 

一部を引用するとこんな感じ。

 

これは銀座総合美容クリニック(通称:銀クリ)の改善例。

銀クリAGA治療例

引用:https://www.gincli.jp/medical/effect/index.html


こちらは、AGAヘアクリニック(通称:ヘアクリ)の改善例。

ヘアクリAGA治療例

引用:https://agahairclinic.com/case/


いずれも、フィナステリドorデュタステリド+ミノキシジル内服薬での治療例です。

 

アナタが求めている効果ってこういうことじゃないですか?

 

ぶっちゃけ、これらの薬が手に入るなら、クリニックでなくても良いと思います。
あくまでも薬が重要。

 

でも、始めのうちは薬の副作用の心配なんかもあって、医師の管理の元で服用する方が安心感がありますよね?
そういう意味で本気で薄毛治療を始めたいなら、AGAクリニックをおすすめしますよ!

 

さいごに

AGAクリニックと育毛剤
こうしてみると、比較すること自体に無理があることが分かりますよね。

 

確かに育毛剤はお手軽です。
ウェブや薬局で簡単に買えますから。

 

でも、発毛効果が無いものを7,000円以上の金額で買う意味ってなんでしょう?
(しかもそれを何ヶ月も続けるって・・・)

 

AGAクリニックは確かに敷居が高いと感じるかもしれません。
私もそうでした(笑)
でも、発毛効果は育毛剤や発毛剤と比べものになりません。

 

 

・・・と言うものの、クリニックっていろいろ心配かもしれませんね。
そんなアナタへこのサイトでは本当におすすめできるAGAクリニックランキングを作りました。

 

我ながら自分が治療前の状態だったらこのどこかに通うだろうランキングになりました。


 

是非クリニックをじっくり見比べてみてください。
そして、アナタにとって最善の方法を選んでください!

 

アナタの髪の毛と自信が復活しますように!


TOPへ