【おすすめ治療法も】AGAの発症や治療効果に年齢は関係する?

 

なんか徐々に抜け毛増えてる気がするけど将来大丈夫かな?


 

  • シャンプーする時の手のひら
  • 朝起きたときの枕

 

こんな言葉にピクッと反応してしまうあなた!

 

 

お気持ちはよく分かります!というか、私なら以前は反応してましたから(涙)


 

抜け毛・薄毛の問題はとても深刻、なかなか相談できる相手もいませんしね。

 

このままじゃ、将来どうなるんだろう??

 

そんな心配を持つのも無理はありません。

 

では実際に、薄毛の原因の9割を占めるAGA(男性型脱毛症)の発症と年齢には関係があるのか?治療はどのタイミングで検討すべきなのか?について、AGA治療継続中のだいすけが根拠をもとに書いていきますよ!

 

統計データで見る薄毛や抜け毛と年齢の関係は?

 

そもそも年齢と薄毛・抜け毛には関係があるのか?を調査結果を引用しながら見ていきましょう。

 

結論から言うと、年齢が上がるにつれて薄毛人口は増えていくと考えてもらってOKです。

 

まずは、AGAスキンクリニックから調査データを引用してみましょう。

自分が抜け毛・薄毛だと思っている人の割合(年齢別)

引用:https://www.agaskin.net/aga/research.php

 

2004年とちょっとデータは古いですが、年齢を重ねるたびに薄毛人口が増えてることが分かると思います。

 

続いては、リーブ21が2017年にインターネット調査した結果。
脱毛が進行していると感じる人の割合(年齢別)
引用:https://www.reve21.co.jp/files/2017/NewsRelease_20171113_02.pdf

 

若干数値は前のデータと異なりますが、基本的に30~40代はかなり薄毛人口が増えています。

 

 

まず前提として、抜け毛や薄毛に悩む人は年齢とともに減ることは無いのです・・・。


 

AGAの治療を始める年齢とその効果は比例するのか?

 

じゃあ、気になるのは「そこまで症状は進んでないけど、若いうちに治療すると効果はでやすいのか?」ですよね。

 

これも結論から言うと「YES」!。

 

この話も医師でも無い私が言うより、クリニックや現役医師の発言を引用してみます。

 

まずは、AGAクリニックの老舗ヘアメディカルのホームページより。

若ハゲの方が治りやすいというのは傾向としてあるようです。専門医師によると男女ともに個人差はあるものの、若年者の方がハゲ治療の効果が早く得られる場合が多いと言われています。高齢者の場合は加齢の進行も当然あるので、ハゲ治療と加齢現象の競争になる・・・のではないでしょうか。

引用:https://www.hairmedical.com/usuge/hage/

 

 

「ハゲ治療と加齢現象の競争・・・」なんとも悲しい競争ですね。


 

若い分、当然加齢現象が少ないため純粋に治療効果が上がりやすいってことでしょう。

 

続いては、銀座総合美容クリニック・正木院長の発言内容。

治療を開始するに当たって、患者様の年齢は関係はありません。

ただし、AGA治療は「早期の対策が重要」と言われており、実際に当院においても脱毛症状初期の治療の方が治療成績は良好です。
引用:https://www.gincli-aga.com/menu06/#question3

 

誤解ないようお願いしたいのは、「若いうちの治療がより有効だが、年齢によって治療効果がなくなるわけではない」ってこと。

 

先程引用したヘアメディカルの内容にも続きがあります。

しかし、普通に元気な人であれば、 60歳を過ぎていても驚くような効果が出る人もいるようです。どちらにしろハゲ治療は、スタート時点の状態と年齢によって、効果が得られるまでの時間に差がでます。

引用:https://www.hairmedical.com/usuge/hage/

 

いずれにしても、AGAは早期治療が有効。

 

 

頭頂部や前頭部(額の部分)が怪しくなってきた・・・


 

これはAGAの典型的な症状、思い当たるなら早めの対処をおすすめしますよ!

 

 

AGAは放置すると症状が進行する

 

AGAの厄介なところは進行性ってこと。

 

自然と症状が消えることは基本的にありません。

 

狭いところにびっしりと髪の毛が生えていたのに、AGAを放置しておくと5年で半分程度にまで減ってしまうなんてケースも珍しくはありません。
(私は本当にこんな感じでした・・・)

 

もう1つ厄介なのは進行速度の遅さ。

 

徐々に髪の毛が減っていくので、AGAを発症してからしばらくはさほど薄毛が目立ちません。

 

初期状態だと、ちょっと抜け毛が増えた程度にしか感じられないことも十分にあり得ます。

 

その進行具合の遅さが原因で薄毛の自覚が遅れて、結果的に治療の開始時期が遅れることも本当に多いんです。

 

 

私もそうでしたが、危機感を感じた時にはだいぶ症状が進行しているケースが多くて、改善により労力を要するハメに・・・。


 

上にも書きましたが、AGAは早期治療が大切で、早めに対処することで抜け毛を減らすのが重要なポイント。

 

AGAはヘアサイクルが乱れることで抜け毛が増える症状なんですが、早期ならヘアサイクルが乱れた毛根はさほど多くはありません。

 

 

そのため、AGAの治療の効果が現れやすいんですね。


 

逆に、ヘアサイクルが乱れた毛根が増えてくると治療にも時間がかかるのと、より副作用が懸念される薬に頼ることに。

 

軽症ならプロペシアなど、多くの国で実績のあるAGA治療薬のみで治療ができるので、この辺も早期治療のメリットですね。

 

AGA治療はどの方法がおすすめか?

 

 

とりあえずは育毛剤で様子を見るか


 

これ、やっちゃいガチですけど完全NG!

 

「医薬部外品」に分類される育毛剤では髪の毛は生えてきません。

 

あなたが「頭皮環境を整える」ことが目的なら、それでも良いでしょう。

 

でも、「髪の毛を増やす」ことを目的にしているなら、最低でも発毛剤を使ってください!

 

育毛剤と発毛剤って?
育毛剤は「医薬部外品」や「化粧品」に分類されるもので、チャップアップ・イクオス・プランテルEX・フィンジアなどが有名ですね。
対して発毛剤は「医薬品」に分類され、AGAガイドラインでも推奨されているミノキシジルが配合されています。
商品名だと、リアップX5プラス・メディカルミノキ5・リグロEX5がこれに該当します。
関連記事:【比較にならない】リアップX5プラスとメディカルミノキ5とリグロEX5買うならこれ!

 

あなたがまだ軽症なら、一番のおすすめはフィナステリド(成分名、商品名はプロペシア)。

 

こちらもAGAガイドラインでA判定(行うよう強く勧める)に分類されているもので、多くの国で治療実績のあるAGA治療薬なんです。

 

フィナステリドなら、皮膚科でも処方してくれますし、AGAクリニックでも比較的安価。

 

ジェネリック品なら月々4,000円台ってところも珍しくありません。

 

 

育毛剤や発毛剤よりもお安いですよね!


 

 

でも自分に合う薬なのかどうかが分からないし、副作用も心配・・・


 

そんな心配のある貴方にこそ、おすすめはAGAクリニック!

 

ぶっちゃけ、プロペシア(や、そのジェネリック品)はオオサカ堂などの個人輸入でも購入できます。

 

ただ、始めて服用する薬だと「まだ効果がでる時期ではないのかどうか?」「ひょっとしてこれは副作用なのか?」など不安になることが多いですよね?

 

 

最悪の場合、疑心暗鬼になってしまい服用を止めてしまうことも・・・。


 

この場合、AGAは進行性なのでドンドン症状は進んでいってしまいます。

 

AGAクリニックなら、その道の専門家なのであなたに合った薬を選択してくれます。

 

そして、大きなメリットはその治療経過において気になったことがはクリニックの医師に直接問い合わせることができるってこと。

 

もちろん、AGAクリニックならどこでも良いとは言いません。

 

なかには無料カウンセリングの時点で高額な契約を迫るって話も聞きますので。

 

手前味噌にはなりますが、当サイトのAGAクリニックランキングでは独自の基準を元にAGAクリニック初心者でも不安なく通えるところが上位を占めました。

 

これは、口コミの良さ・値段の安さ・専門性など、初心者だからこそ大事にしたい項目をピックアップし、基準を元に採点した結果です。

 

 

もしアナタに気になる症状があるなら、ぜひこのランキング上位にくるクリニックをおすすめしますよ!
あなたの毛髪が復活しますように!



TOPへ